ホーム

もりたに歯科口腔医院が選ばれる理由

綾部で42年の実績

もりたに歯科口腔医院は、先代、守谷佳樹が昭和54年に綾部市西新町にて開院し、その後、現在地の綾部市中ノ町に移転し現在に至ります。平成31年に先代院長の意思を受け継ぎ、守谷智樹が2代目院長に就任いたしました。

約40年、先代院長から長きにわたり、地元の地域の方を診察してきた実績があります。

先代院長がこれまで長く地域の皆様に、「痛みを少なく」「歯の健康寿命をのばす」「自然でキレイな仕上がり」をモットーに高い歯科技術を提供してきました。2代目院長 守谷智樹も先代の意思を受け継ぎ、地域の皆様のお役に立てれば幸いです。

最新の機械・治療方法

すべての治療で、マイクロ精密治療という北近畿に3台しかない最新鋭の機械を利用し、治療を行います。

このマイクロ精密スコープを利用することで、マイクロ精密スコープでは肉眼では見えない部分も確認できます。対象を最大21倍にまで拡大することができ、肉眼では見えないお口の隅々まで確認することができます。

見えるものしか治療できないというペンシルバニア大学歯内療法学科の有名な言葉があります。歯科治療ではミリ単位の精密な処置が求められることが多いのですが、お口の中は暗く、また領域が小さいため肉眼だけでは限界があります。

綾部では唯一のインプラント治療が可能(2020年現在)

インプラントは現在の歯科治療においては安全で、処置中の痛みもなく、残っている歯を長く持たせられる可能性がある唯一の治療法です。
歯の本数が減ると残っている歯にも大きな負荷がかかるため、加速度的に健康な歯を失っていくことがあります。

もりたに歯科口腔医院は綾部、福知山、舞鶴など北近畿においてインプラント治療を提供できる数少ない医院です。

院長   守谷 智樹

生まれ育ったこの綾部市で皆様の健康のために働けることを嬉しく思っております。
いままでの多くの勤務経験が少しでも地域の皆様のお役に立てれば幸いです。
患者さまだけでなく住民の方々とも一緒に、ふれあいを大切にした医院を目指したいと考えております。
何卒よろしくお願いいたします。

平成16年 大阪歯科大学卒業 
平成16年 九州大学歯学部 第二腔外科学講座入局
平成16年 同大学病院勤務
平成18年 大分県 長野歯科医院勤務
平成19年 京都市 社団愛泉会 山本歯科医院勤務
平成22年 京田辺市 医療法人幸加会 スギモト歯科医院勤務
京都市    河原町歯科医院勤務
平成25年 もりたに歯科口腔医院勤務
平成31年 もりたに歯科口腔医院 院長 就任

所属学会 日本顎咬合学会(認定医) 日本顕微鏡歯科学会

受講コース UCLA エンドメンターシッププログラム (清水藤太先生) 修了 根管治療
JPI (Japan Prosthetic Institute) 咬合診断・治療 総合コース 修了 補綴治療
オステム ベーシックマスタコース 修了 インプラント治療
ダイレクトボンディング kyu-syuテクニックベーシックコース 終了 虫歯治療

その他多数

副院長 守谷 佳樹

開業以来、できる限り患者様に寄り添った医療を心掛け、長きにわたり地域の皆様に育てられ現在まで医院を続けてくることができました。
今後ともよろしくお願いいたします。

 

昭和54年 守谷歯科医院 開院
平成25年 もりたに歯科口腔医院に名称変更、リニューアルオープン

所属学会 kyoto dental study club

トップへ戻る